Home » 自宅写経のすすめ

自宅写経のすすめ

皆さんの写経を須磨寺までお送り下さい!皆さんの安寧や願い(想い)、
そして一日も早い新型コロナウイルス終息を、須磨寺にて毎日ご祈願させて頂きます。

 
疫病の流行により、外出の自粛の要請が出された今、多くの方が不安を抱え、自宅でお過ごしのことと思います。このような時にこそ、皆様にご自宅で写経をしていただき、心安らかな祈りの時間を過ごしていただきたいと思っております。
 
そして、お書きいただいた写経を須磨寺に郵送していただければ、須磨寺ご本尊の聖観世音菩薩様のご宝前にお供えし、毎朝の勤行で、皆様の安寧と疫病退散の祈りを捧げます。
 
平安時代、弘仁九年(八一八年)の春、世に疫病が広まり多くの人々が大変な苦しみを受けた時、嵯峨天皇陛下は、弘法大師様の勧めにより、自ら紺紙金泥で一字三礼の誠を尽くして、般若心経一巻を浄写し奉られました。
 
弘法大師様は、嵯峨御所の五大明王に天下泰平を祈祷されたところ、霊験たちまちに顕れ、人々に平安がおとずれたと伝わります。
 
今こそ、目に見えないウイルスに対して、目に見えない祈りの力を集結し、新型コロナウイルス終息を祈念したいと考えております。
 
疫病退散の為、そしてご自身の安心(あんじん)を得る為に、写経をしていただき、皆様の祈りの心をお届けください。よろしくお願いいたします。

合 掌

自宅写経のすすめPDFデータはこちら(90KB)

写経の作法

  1. 手を洗い、口をすすいで身を清める
  2. 良いかおりの香を焚き、室内を清める
  3. 着座して心を鎮める
  4. 合掌礼拝
  5. 開経偈(声を出してお唱えする)
    無上甚深微妙(むじょうじんじんみみょう)(ほう)百千万劫(ひゃくせんまんごう)にも遇遭(あいお)うこと(かた)
    (われ)いま見聞(けんもん)受持(じゅじ)することを()たり
    (ねが)わくば如来(にょらい)真実義(しんじつぎ)()(たてまつ)らんことを
  6. 願文読誦(声を出してお唱えする)
    ()今至心(いまししん)懺悔(ざんげ)
    (つつし)みて般若心経(はんにゃしんぎょう)写経(しゃきょう)(たてまつ)
    (あお)(ねが)わくは一字一文法界(いちじいちもんほうかい)(へん)じ、
    三世十方(さんぜじっぽう)諸仏(しょぶつ)供養(くよう)(たてまつ)らん
  7. 浄写(無我の境地に入り、至心に写経する)
  8. 祈念(それぞれの願いごとを書き、念ずる)
  9. 般若心経読誦(浄写したお経に目を通しながら唱える)
  1. ご宝号(三遍唱える)
    南無(なむ)大師(だいし)遍照(へんじょう)金剛(こんごう)
  2. 回向
    (ねが)わくば()功徳(くどく)()って (あまね)一切(いっさい)(およ)ぼし
    我等(われら)衆生(しゅじょう)皆共(みなとも)に 仏道(ぶつどう)(じょう)せんことを
  3. 合掌礼拝

以 上

PDFデータをダウンロードしていただき、コピーしてお手本としてお使いください。(薄字をなぞる様にして浄書してください)
写経用紙PDFデータはこちら(578KB)

《受付》須磨寺 コロナウイルス終息祈願写経係

送付先:〒654-0071 兵庫県神戸市須磨区須磨寺町4-6-8
大本山 須磨寺(上野山 福祥寺)内

電話:078-731-0416(代)